DAIGAKU 他谷のブログ
biowine.exblog.jp

DAIGAKUシェフの想うこと、思ったこと、伝えたいこと。楽しい食卓は素晴らしい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
L'ourcine 13e Arr paris
 エコノミーの窮屈な苦痛や重たい荷物を引きずる苦労も、やはり、パリの空気がかき消してくれました^^

 
f0043530_16583028.jpg


 いやいや、テラスが気持ち良さそう!!
 
 ここらでアペでも・・・・な気持ちを抑えて、いざ13区ルルシーヌへ。。。。


 
f0043530_171188.jpg


 これで、9時過ぎです。なんか、得した?気分ですね。
 
 1つ手前の駅で降りて、街並みでも見ながら向かいます。

 
f0043530_174824.jpg


 こちらは、名店レガラード出身のシェフのお店。バスク地方の料理が得意ときいています。


 店内はほぼ満席!! 隙間の無いテーブルを動かして閉じ込められるように着席。そんなことがあっても別にまわりは気に留めずおしゃべりに夢中です(笑)みんな楽しんでます!


 まずはクープでシャンパーニュ。メニューは黒板から前菜・メイン・デセールをチョイス。


 したいのですが・・・・・・読めません。というか、解読不可能、アルファベットですよね??。。。。(画像が無くてスイマセン、)

 多少の料理用語ならわかるので、想像はつけ易いのですが、まず、解読できないので二人で笑うしかありません。そうこうしてると、サーヴィスの女性が、

 「英語はできますか?」  他「ア リトル。」(カタコトです)

 ホントに満席で忙しいのに、上から下まで全部英語で説明してくれました。

 しかし、見得を張ったのが間違いで、さらにわかりません・・・・・。結局、適当に選んでしまいました、申し訳なかったです。


 
f0043530_23495584.jpg

アミューズ  玉葱のスプーマ  ・・・だったように思います。もう一度聞けませんでした・・・・

f0043530_23501926.jpg

野菜のアスピック ウッフポッシェ添え  
ジュレ=出汁の旨味が印象的。鶏系かな?? 

f0043530_23505915.jpg

貝類と野菜のタルタル カレー風味のマヨネーズ 煮詰めたバルサミコ  
カッチリと塩も効いていて容赦ない味の寄せ方ですねー。来た甲斐があります^^満足度高し。 

f0043530_2351145.jpg

シュープレーム ド ヴォライユ  これはなんとか解ってオーダー。
胸肉の中には白肝に近い自身の肝を鋳込んでました。焼き加減も完璧で、ヨーロッパの肉の旨さを思い知らされる一皿でしたね。添えてるインゲンもくたくたに火を通してあって甘いです。

f0043530_23513075.jpg

この時期、プティポワ(碓井豌豆に近い豆)をよく見かけました。これがメチャクチャおいしいんです!!グリンピースとは似て非なるそのジューシーさ、甘み。画像の量の倍は食べれますね^^

f0043530_23534197.jpg

そのプティポワの添えられてたメインです。逆でスイマセン。仔羊のフィレのロティです。これは、谷口がほぼ食べてしまったので、感想のみ。

 谷「うまいっすね!」  他「・・・・・・・・・」

f0043530_23535917.jpg

ワインはボトルで。
クリスチャン・ビネール  ピノノワール  キュベ エクセレンス ’03
アルコールは16.8%と書いてましたが、もうこなれた感じでシュープレームとの相性は抜群でした。
 
 デセールは撮り忘れ・・・・・
メロンとスイカのスープ、苺のタルト

お腹一杯です・・・・・満足。


谷口と明日からの予定を話しながらあっという間の食事でした。さすがに関空から考えると起きっぱなしなので、即ホテルへ帰って就寝。。。。。。

続く


他谷
[PR]
by bar-a-vin | 2009-07-11 16:46 | フランス・イタリア旅行記’09