DAIGAKU 他谷のブログ
biowine.exblog.jp

DAIGAKUシェフの想うこと、思ったこと、伝えたいこと。楽しい食卓は素晴らしい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
西野農園見学レポ

f0043530_18415458.jpg


DAIGAKU他谷です。

今回は大阪・長居にあります西野農園さんを訪ねてきました。7月20、21日に難波のなんばこめじるしにて開催されますイベント「大坂こだわり食材屋台市」で、西野さんの野菜をつかってDAIGAKUが料理をするというコラボをすることになり、その打ち合わせも兼ねて、畑を見に行ってまいりました。 
 セレッソ大阪のホームであり、多くのスポーツの国際会場で有名な長居スタジアムを少し東に行ったところに西野さんの畑はありました。ここでは多くの野菜作られていますが、なかでも長居春菊、天王寺蕪、田辺大根といった大阪地野菜の生産者として非常に名が知られています。
 正直、えっ?こんなところに畑が? と思いましたが、実際畑に入り、採れたての野菜を生でかじってみると驚きました。味わいはもちろんのこと、その野菜のみずみずしさ、これほどに野菜というのは鮮度に左右されやすいものかと実感しました。特にオクラは収穫した瞬間と、スーパーに陳列されるころの味わいの差は歴然だと西野さんは語ります。輸入品に関してはなおさらでしょう。
 BBQでの野外料理は何度か経験はありますが、屋台での出店は初めてです。西野さんにアドバイスを頂きながら、まだ生きている野菜達と向き合ってみました。

f0043530_18413588.jpg
 
 長居公園よりすこし東に行ったところ。上のビニールハウスと下の畑の向こう側は幹線道路です。しかし、ここで栽培されている野菜が大阪の食文化、飲食業界を支えているといっても過言ではありません。


f0043530_18424032.jpg

 お馴染みプチトマトです。ところが場所によって種が違うらしく、また同じ苗でも収穫のタイミング(雨の翌日とか)そのトマトの高さ(根からの距離)によって味が変わるそうです。もちろん西野さんは把握されています。これはちょっと酸が強い、こっちのが甘いかな?、家庭向け、玄人好みなもの、いろいろ味見させていただきました。


f0043530_184309.jpg
 プチトマトとトマトの間くらいの「ミディトマト」。ご近所の主婦に好評みたいです。


f0043530_18432920.jpg

 こちらはアンデス芋。レッドアンデスとも呼ばれます。甘みがあり、肉料理には相性バツグン。小さいものはそのまま盛り付けてもかわいいですね。それだけを選んで買っていくかたも多いとか・・・・


f0043530_18434475.jpg

 捥ぎたてのとうもろこしです。・・・っとスズメに先を越されていたみたいです。(笑) 有名な未来コーンの後発種「サニーショコラ」もちろん生でいただきました。比較的一粒の皮が薄く、水分が多いのが特徴。ジューシーという表現がぴったりです。

f0043530_1844073.jpg

 ちょっとピンボケですが、何かわかりますか?    ・・・・・・・・オクラの若芽です。空に向かって育つんですね。知りませんでした・・・・・。こちらも採ってすぐ生で食べました。やはりまだ水分を多く含んでいる為か、筋も固くなく甘く感じられました。

f0043530_18441355.jpg

 西野さんから分けて頂いた野菜達。さて、どう仕上げましょうか?イベント当日を楽しみにしていてくださいね。


 料理に携わる者として、やはり生産者の方の気持ちとその素材の持ち味を活かす料理、仕事をしなければいけない。そう思えた一日でした。西野さん、奥様、お忙しい中ありがとうございました
[PR]
by bar-a-vin | 2008-07-04 18:00 | フード