DAIGAKU 他谷のブログ
biowine.exblog.jp

DAIGAKUシェフの想うこと、思ったこと、伝えたいこと。楽しい食卓は素晴らしい。
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
生産者訪問 平野農園
おはようございます。シェフの他谷です。先日の生産者見学、2件目は大阪・吹田にあります、「吹田慈姑」(すいたくわい)の生産者平野農園さんにお邪魔して来ました。平野さんは農家としてだけではなく、吹田市農業委員も務めていらっしゃいます。この日も私たちの訪問の後は、講演会に行かれるとのことでした。地域の行政やボランティアの方々と共に、伝統野菜を守り続ける平野さんの熱い思いをしっかりと感じてきました。

f0043530_2273714.jpg

f0043530_2275989.jpg

 吹田の住宅街の中に畑があります。完全無農薬・有機栽培を貫く平野農園。今回は慈姑のシーズンではありませんでしたので、葉野菜、柑橘類を中心に見せて頂きました。

f0043530_2281182.jpg

 6年ほど前から無農薬農業を取り組みはじめたという平野さん。きっかけは御自身の入院があったからとお聞きしました。消費者はもちろん、作り手も健康でなければ、そう語る平野さん。訪問したその午前の定期健診ではいたって健康と太鼓判を押されたと笑っていらっしゃいました。
 
f0043530_2282921.jpg

大阪白菜

f0043530_2285335.jpg

ラディッシュ

f0043530_2291545.jpg

ほうれん草

f0043530_2293576.jpg

赤軸ほうれん草


f0043530_2295176.jpg

清美オレンジ

f0043530_230724.jpg

レモン


 どれもこれもその野菜らしさ、生命力を感じられるモノばかりでした。特に赤軸ほうれん草は味わいだけでなく、肉厚な存在感に驚きました。無農薬に取り組みだしてからというもの、作業効率、労働時間は何倍にも増えてしもたけどこれ以外に方法は無いな、と笑って話す平野さんの本気で打ち込んでいるからこその言葉に大変感動しました。そして、個人としてだけではなく社会的にも地域・家庭に貢献しようとする姿勢にサービス業として参考となるところが多くありました。
 普段私たちが使っている素材・機材を生産者はどんな思いで作っているのか、携わる側は知るべきだと思いますし、携わる私達は消費者に伝えないといけないと思います。そんな思いを少しでもスタッフ全員で表現できればと思っています。

 平野さん、本当にありがとうございました。



追記
 平野農園さんではとれたての野菜の直売もされていらっしゃいます。そのなかに自家製でこのようなものまでありました。どんなお味なんでしょうか・・・興味深いです。

f0043530_2311459.jpg

[PR]
by bar-a-vin | 2009-02-20 00:01 | 生産者
生産者訪問 豊能郡高山地区 
シェフの他谷です。先日、2件の農家さんを見学して来ました。

 まず1件目は、大阪府豊能町高山地区まで行ってきました。こちらでは、百合さんが育てる 高山真菜、高山牛蒡、高山水菜を見学させて頂きました。みなさん、真菜という野菜ご存知ですか?僕も使い出すまでは存在すら知りませんでした。いわゆる菜花なのですが、遠方出荷が難しく自家消費、地元消費がほとんどでした。当店に野菜を卸してくださるフレッシュフーズ松本・松本孝司さんの紹介で知ったのですが、苦味と菜っ葉の青い香りが鮮烈な真菜は冬になると必ずメニューに加わる定番の野菜になりました。 

f0043530_17412215.jpg

 大阪市を出発、箕面を越えて、スピードが出せないような山道を行くこと30分余り、途中道路のど真ん中に猿がいましたが(笑)、高山地区に到着です。

f0043530_1741382.jpg

 400年以上昔、豊能町高山に隠れキリシタンが住み込んだころ、栽培が始まったといわれています。以来、高山の冬の食卓を飾ってきた菜花で、地元では真菜祭りというのもあるみたいです。百合さんは土地、土作りを大事にされていて、畑に入るとよく手入れされていることがわかります。

f0043530_17421254.jpg

 収穫して残った真菜を土に混ぜ込んで肥料とし、その後高山ごぼうを育てるという循環型農業もされています。土の香りがしっかりする立派なごぼうです。しかし、これが最後の収穫でした。松本さんといいところを分け合いました。

f0043530_1742247.jpg

 高山水菜です。こんなに力強い水菜見た事がありません。スーパーで見かける水菜と比べると規格外に太いです。百合さんは、こんなの売れるとは思えなかった、とおっしゃってましたが非常に魅力的だと思います。見た目や歯応えはもちろん深いその味わいは感動でした。今、この高山水菜と燻製をかけた牡蠣のソースにタヤリンをあわせています。残念ながら最後の収穫でしたのでお早めにどうぞ。

まだまだ知らない素材というものはたくさんあって、その新しい魅力との出会いが本当に楽しくいい勉強になりました。百合さん、本当にありがとうございました。


次回は、もう1件、吹田・平野農園さんです。
[PR]
by bar-a-vin | 2009-02-16 18:00 | 生産者
4周年イベントのご予約状況
ご予約状況でございます。アラサービストロ会、ディナーは空席ございます。ご予約お待ちしております!!

3/1 「アラサー・ビストロシェフ夢の競演」
   ●第一部(ランチ) 満席になりました
   ●第二部(ディナー)空席ございます

3/3「4周年記念パーティ」
   ●随時ご予約受け付けております
[PR]
by bar-a-vin | 2009-02-11 19:50 | イベント
新店舗開店のご案内
f0043530_15402910.jpg

[PR]
by bar-a-vin | 2009-02-10 15:41 | お知らせ