DAIGAKU 他谷のブログ
biowine.exblog.jp

DAIGAKUシェフの想うこと、思ったこと、伝えたいこと。楽しい食卓は素晴らしい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
フェリチタ 岡谷シェフをお招きして  ワイン編
 さて、フェリチタさんといえば、自然派ワインのとんでもないラインナップでも有名です。4年前、関本と共に伺った際には、あまりの驚愕なワインリストに言葉も出ませんでした。そんなラインナップから岡谷シェフのご好意により貴重なバックヴィンテージのワインもいくつか持ってきていただけました。

f0043530_2204838.jpg

Vin Mousseux Gerard Schueller
ヴァンムスー  ジェラールシュレール
f0043530_2205624.jpg

Barbera Frizzante '00 Camillo Donati
バルベラ・フリッツァンテ '00 カミッロドナーティ
f0043530_221372.jpg

Sogno di Bacco '06 Trinchero
ソーニョ・ディ・バッコ '06 トリンケーロ
f0043530_221916.jpg

Pigato '06 A Macchia
ピガート '06 ア・マッチャ
f0043530_2215889.jpg

Pico' 99 Angiolino Maule
ピコ '99 アンジョリーノ・マウレ
f0043530_222713.jpg

Le verts dans les fruits '00 Gerard Schueller
ル・ヴェール・ダン・レ・フリュイ '00 ジェラール・シュレール
f0043530_2221646.jpg

Rosato '05 Massa Vecchia
ロザート '05 マッサヴェッキア

画像無し
Colere de zeus '01 Julien Courtois
コレール ド ゼウス '01  ジュリアン クルトワ

最後は、、、、、、、
f0043530_2222447.jpg

Anjou gamay '00 La Ferme de la Sansonniere
アンジュガメイ '00 フェルム ド ラ サンソニエール
岡谷シェフが、フェリチタの永島ソムリエに託された1本。
実は4年前にフェリチタに伺った際、このワインを関本が見つけて迷わずオーダーしたのですが、あいにく倉庫にしか置いてなくて泣く泣く諦めた1本。僕らですら忘れかけていたことを、永島ソムリエは覚えていてくださったのです。
 震えました。
 感動を通り越して、サービスマンのおもてなしの心というものに驚きすら覚えました。
 
f0043530_2152532.jpg

 最後にみんなで^^

 「また一緒に仕事しましょう!!」と固い握手で終えられて本当に良かったです。

 ありがとうございました!!


 
[PR]
by bar-a-vin | 2010-03-25 23:51 | イベント
フェリチタ 岡谷シェフをお招きして  料理編
おかげさまで5周年イベントも盛況に終えることができました。お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!!
当日の模様を簡単ではありますが、ご紹介します。

まずは、料理編から^^

f0043530_21485733.jpg

*茨城産バルバリー種鴨胸肉のカモパッチョ  マスカルポーネチーズの野菜酢漬け和え添え
f0043530_21491832.jpg

*仔ウサギのインボルティーニ 腿肉のバルバレスコ煮と苺のインサラータ
f0043530_21493033.jpg

*佐久産鯉の洗いと木の芽ペーストで和えた冷製フェデリーニ
f0043530_21495865.jpg

*全粒粉のトロッフィエ 茨城産仔牛と碓井豌豆のラグー
f0043530_2150529.jpg

*カッポンマーグロ
f0043530_21501471.jpg

*豚足トリッパの煮込み香草パン粉焼き  イベリコ豚コッパのカッチャトーラソース
f0043530_21502685.jpg

*蕗の薹のチョコレートテリーヌ  コンタディーノのザバイオーネ
f0043530_21503625.jpg

*空豆とデコポンのセミフレッド
f0043530_2150469.jpg

*ブルッティ マ ボー二 (松の実・ウコン)


こう見ると、確かに量が多いですね・・・・気合の入り方がこう表れたということで^^

打ち合わせを始めたのは2月頃。やはり地方色の強い料理を意識した構成をイメージしていたのですが、「今の自分らしい料理をさせて欲しい。」という岡谷シェフの言葉に心を打たれ、このような流れに辿り着きました。

経験の浅い僕からの依頼を笑顔で快諾してくださっただけではなく、自分の知識や考えを僕やスタッフに対して丁寧に語り、柔らかいオーラを感じさせてくれる中で時折見せる譲れないこだわりに、”自分らしさ”というものを強烈に意識させられました。
時間も労力も普段の何倍も費やすことになるイベントではありますが、人の個性や料理観を肌で感じられた瞬間はその対価以上のものがあります。それを感じるためにやっているといっても過言ではありません。

お越し頂いた皆様には心より感謝し御礼申しあげます。また、お忙しい中御協力いただきました岡谷シェフ、本当にお疲れ様でした。この場をお借りしてお礼申し上げます。


他谷

次はワイン編へ
[PR]
by bar-a-vin | 2010-03-24 23:44 | イベント
南青山 フェリチタ 岡谷シェフをお招きして
5周年イベント第2弾です!!

 自然派ワインの先駆的存在であり、イタリア地方料理に幅広く精通する 南青山 「フェリチタ」 岡谷シェフをお招きしてDAIGAKU他谷との一日限りの特別コースを楽しんでいただきます。

 また、当日は料理を意識したグラスワインもご用意しております。DAIGAKUからのセレクトはもちろん、なんとディナーでは岡谷シェフのセレクトした貴重な自然派のバックヴィンテージもお楽しみいただけます。
 
 お声を掛けていただいた事自体が僕にとって非常に光栄に思います。嬉しすぎてあんまり実感湧いてませんが(笑)、素晴らしい一日になることは間違いありません。

 ~南青山 フェリチタ 岡谷シェフをお招きして~

 日  時:2010年3月21日(日)

 <ランチ>

 開   始:12時30分開始 (受付12時~)

 会   費:お一人様¥6300- 税・サ込 ドリンク別

 定   員:24名様

仔ウサギのインボルティーニ  腿肉のバルバレスコ煮とザクロのインサラータ  
佐久産鯉の洗いと木の芽ペースト和えた冷製フェデリーニ
全粒紛のトロッフィエ  茨城産仔牛と碓井豌豆のラグー 
豚足とトリッパの煮込みの香草パン粉焼きとイベリコ豚コッパ肉のカッチャトーラソース
空豆とマスカルポーネチーズのムース  セージのジェラート          

 <ディナー>
 
 開   始:19時開始 (受付18時30分~)

 会   費:お一人様¥12600- 税・サ込 ドリンク別

 定   員:24名様

茨城産バルバリー種鴨胸肉のカモパッチョ  マスカルポーネチーズの野菜酢漬け和え添え
仔ウサギのインボルティーニ  腿肉のバルバレスコ煮とザクロのインサラータ        
佐久産鯉の洗いと木の芽ペースト和えた冷製フェデリーニ
全粒紛のトロッフィエ  茨城産仔牛と碓井豌豆のラグー
カッポンマーグロ
豚足とトリッパの煮込みの香草パン粉焼きとイベリコ豚コッパ肉のカッチャトーラソース
蕗の薹のチョコレートテリーヌ コンタディーノのザバイオーネ



 会   場:bistro à vin DAIGAKU 
        大阪市中央区東心斎橋1-4-22

 問い合わせは、06-6241-5431 まで 

 皆様の御参加お待ちしております!!

 
 料理内容、ワインに関しまして決まり次第随時アップしていきたいと思います。


 コースの概要は変更する場合もございます。予めご了承くださいませ。
[PR]
by bar-a-vin | 2010-03-21 23:37
Elide e Enrico


 イタリア、ピエモンテ州の小さな町 プリオッカ。


 本当に何も無い、登る坂道1本だけが集落のそんな場所に、 イル チェントロはあります。

 
 ピエモンテで働きたくて、休みの度にリグーリアの山奥に住んでいたにもかかわらず、夜明け前から徒歩で下山して、食べ歩きを続けて出会った店。
 

 最近、知り合いのお店でこんな本に出会いました。

 
 
f0043530_1671721.jpg



 おおっと!!こんなん出してたんですねーー

 
 中を見ると、シェフの子供たちがビシっとスーツ決めて写っている^^


 5年前、学校から帰ってきて、もういやいや手伝いをさせられていた二人が、立派なサービスマンの顔で笑っていました。


 時間の経過と思い出を感じながら読み耽ってしまいました。

 
 僕の知っている料理より、更に洗練された印象。もちろん撮影を意識してのことかもしれませんが・・・・


 シェフのエリデは、バカンツァのたびにレストラン研修に行ってると言ってました。知らないものに常に興味を持つ姿勢には頭が下がる思いでした。 

 
 変わってはいけない部分と進化しないといけない部分。


 どこを取って、どこを切り捨てるかは自分次第。


 でも、初めて包丁を買った時の気持ちとか、イタリアで丸裸な気持ちで頑張れていた気持ちは忘れちゃいけないなと思います。

 
 そんなことを思い出した今日もまた忘れないように、 いつかまた、イタリアへ行ったら買って来たい一冊。


 
 K山シェフ、ありがとうございました。(すぐ お返しに行きますんで・・・・ 笑)
 
[PR]
by bar-a-vin | 2010-03-18 16:38 | 雑記
変わらない。
 ここ一年で大阪 木津市場は大きく変わっています。

 以前の様な雑多で、ゴチャゴチャで、狭くて、暗くて、店の境がわかりにくくて・・・・・・他他。。。

 そんな風景はもう跡形も無く、きちんと整備された敷地内にキレイにディスプレイ?された野菜や鮮魚達。

 照明は明るく、見た目もわかりやすい環境に生まれ変わっています。

 イイと思います。色んな意味で。

 が、僕個人的には、市場らしい空気というのが薄れているかなぁ・・・・・と。

 いつも行く貝屋のお母さんも同じことぼやいてはりました^^

 
f0043530_1872476.jpg


 久しぶりにふらりと。

 先輩に飲みに連れ回された挙句の最終地点だったり、

 オープン当初、関本とのああでもない、こうでもないなミーティング?の場だったり、

 深夜営業していた頃は、帰りに立ち寄れたり、

 変わりつつある木津市場のなかで、数少ない変わらない場所。

 今日は、10貫ほどで¥1050也。

 初心に触れられる場所。

 また、行こっと^^


 他谷

 
[PR]
by bar-a-vin | 2010-03-11 16:57 | ひとりごと
おかげさまで。
 おかげさまで5周年パーティーも大変多くの方々にお越し頂き、大いに盛り上がりました。
f0043530_236510.jpg

f0043530_2371279.jpg
 

 激しい雨にも関わらず(実は毎年雨なんです。。。これも恒例ということで^^)お越しの皆さんからのお祝いのお言葉に改めて身の引きしまる思いと感謝の気持ちでいっぱいでした。
 節目を無事迎えられたことに一安心するのではなく、また新たな一歩を踏み出すための区切として、また皆様に今まで以上の楽しい空間を過ごしていただけるように、スタッフ一同精進して参ります。

 あっという間の5年でした。振り返るのは一瞬ですが、とても濃い5年だったことは間違いありません。

 これからも一日一日の積み重ねを大切に皆で前へ進んでいきたいと思います。
f0043530_2382423.jpg

f0043530_239855.jpg

f0043530_2310063.jpg

 最後になりましたが、皆さんの応援があってこその5年でした。今後ともDAIGAKUを宜しくお願い致します。

 本当にありがとうございました。

 他谷憲司
 松田考司
 源野彰浩
 清水哲也
 菊池威行
 山根億斗
 関本大学
[PR]
by bar-a-vin | 2010-03-03 23:17 | 雑記
おかげさまで、5周年!!
 最新記事は下にあります。

 2010年3月3日を持ちまして、DAIGAKUは5周年を迎えます。

 これも日頃から応援してくださっている皆様のおかげです。ありがとうございます!

 今年は、周年イベントを2つ御用意しております。


 まずは、5周年立食パーティー
 毎年恒例ではありますが(笑)、深夜まで皆様と一緒に盛り上がりたいと思います。

 日   時:3月1日(月)

 開   始:18時よりお好きなお時間にお越しください

 会   費:お一人様¥4000- フリーフード・ウェルカムドリンク付き 
        その他お飲み物は別途清算いたします。

 会   場:bistro à vin DAIGAKU 
        大阪市中央区東心斎橋1-4-22

 問い合わせは、06-6241-5431 まで 
 
 
 会の中盤では5周年にふさわしい特別食材もご用意しますのでご期待ください!!

 5年間の感謝を込めて。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
 そして、イベント第2弾は、3月21日(日)、東京よりビッグゲストをお招きしてのコラボフェアを催します。

 その詳細は後日。。。。
 
[PR]
by bar-a-vin | 2010-03-01 22:34 | お知らせ