DAIGAKU 他谷のブログ
biowine.exblog.jp

DAIGAKUシェフの想うこと、思ったこと、伝えたいこと。楽しい食卓は素晴らしい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブルゴーニュ
研修旅行もいよいよ残すところ後わずか…
ロワールにてシェフとオーナーのチームと一旦別れ、小原率いる初フランスチームは一路ブルゴーニュへ-
まずはシャソルネのフレデリックに会いにサンロマン村へ…
ルート.ド.グランクリュの看板をみるや我がDAIGAKUのホープソムリエ松田のテンションはあげあげ!!
シャサーニュモンラッシェ、ムルソーの畑を走り抜け少し行くと
かの有名な樽メーカー フランソワ.フレールの工場があり、いよいよ興奮もピークに。
少し人里離れた集落の奥に…ありました!!
コサールの蔵!!
まずはデギュステを…と次々に注がれるまだ瓶詰前のブドー、サンロマン、オークセイデュレスにニュィサンジョルジュ!!!
コサールの樽使いの素晴らしさとテロワールとの深い繋がりを改めて感じました。
そして今回フレデリックの訪問では数々のサプライズが!
今は明かせない秘密のワインをいち早くデギュステ!!!
ぃやぁ~美味しかったです!凄かったです!早く日本にリリースして~!と言う感じ。正に今のワイナリー情報を間近に感じる事が出来るのは、ワイナリー巡りならでは
この秘密のワインの話しが聞きたい方は是非DAIGAKUへ(笑)
今回は、コサールが親しく付き合っている友人で'05年からワイン造りをしだした、ジャン・マリー・ベリュがワインを携えて会いに来てくれました。ワイン造りのアドバイスを友人であるコサールがしたと言うだけあって、なかなかに葡萄の持つポテンシャルを感じる味わいで、今後が楽しみです!
お別れ前に、コサール、マダム、ジャンマリーと共にコサールの家の目の前の素敵なレストランでランチ!コサール持ち込みの素晴らしいワインと共に宴もたけなわとなった頃…

な、何とあの樽メーカーフランソワ.フレールが、コサールを見つけてテーブルにやってきた!
思わずシャッターおしまくり

その上、ランチはコサールとジャンマリーのおごり!!!
もぉ至れり尽くせりびっくり訪問でした!

そんなこんなで時間かなり押し気味にて、大急ぎで次の生産者ラトーへ!!
本でしか見た事がないあのラトーの看板を掲げた建物を見た瞬間、感激がじわじわ~!
直行で地下のカーウ゛へ案内してくれたラトーは、常に紳士的で物静かな それでいてひたむきな情熱を感じる素晴らしい人でした。
ウ゛ィンテージ順にワインをリリースするのではなく、飲み頃を迎えた物を一番いいタイミングでリリースする…という考えはラトーの優しさを象徴するものだなぁ…と実感。

今回のデギュステ白、ロゼ、赤10種類の中でもひときわ皆のテンションをあげあげにしてくれたのは、
これまたサプライズ!
’86のブレッサンド!!!
詰めたジャムやカカオ、甘さの中に秘めた香辛料や草のニュアンス…
21年の時を感じさせないはつらつとした香りと旨味は圧巻の一語に尽きました…
そしてラトー初のウ゛ァンダンジュの甘口!
畑は見れずに残念でしたが、帰り際になんとラトーからプレゼント!
ラトーのロゴが入った、ソムリエナイフ!一人一つずつ!
勿論サインを箱に!

優しく手を振るラトーに
メルシーボクー!

素晴らしいボーヌの夜が更けて行きました…
[PR]
by bar-a-vin | 2008-02-17 03:50 | フランス旅行記'08